外反母趾

症状

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。

靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

原因と病態

外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

10歳代に起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみであったりする外反母趾になりやすい特徴があります。最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下などによっておこります。

健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になると、中ほどにある母指の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されておこります。

 

hallux_valgus_01

診断

変形は見た目に明らかで、痛みの程度が問題になり、母指の飛び出しを指で押すと痛む、靴を履いたときに痛む、靴を脱いでも痛むなどに分けられます。

靴を脱いでも常時痛むようになると手術が必要になります。

予防と治療

 

予防

母指のつけ根はフィットして先はゆったりとした履物を選びます。

足の指のすべてを開く(グ、チョキ、パー)ような、外反母趾体操を毎日行います。
竹踏み

治療

ハイボルトでの除痛

足底筋の機能改善

拇趾外転筋の機能改善

テーピング

 

このような方が外反母趾の悩みでご来院されます

・歩くたびに痛みがある
・変形した指の見た目が気になる
・親指と隣の指が当たってタコができている
・足に合う靴が見つからない
・市販の外反母趾グッズや、専用靴を履いてもよくならない
・手術をしたが、痛みが再発している
・足の裏が硬くなっている
・外反母趾なのか、強剛母趾なのか、そもそも自分の状態が分からない
  
  • Web予約
  • お問い合わせ
  • 患者様の声
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介
  • 料金案内
  • ブログ

白鷗大前接骨院
!cid_ii_i9ku6wja0_14d4672abd48205c

栃木県小山市大行寺1029-1

Tel: 0285-38-6886

> アクセスマップはこちら