鈴木トリートメント

鈴木トリートメントとは

DSC_0143

専用に開発された矯正器具を使った、麻酔科の学会でも発表された安心・確実な テクニックで骨盤の矯正ができる治療法です。

従来の骨盤矯正とは違い、骨盤の歪みに影響を与える可能性の高い、仙腸関節にアプローチを行います。
骨盤付近の骨の歪みは、腰痛等の症状だけでなく、以下の適応症状のような身体の不具合も出てくる事になります。

様々な事を試してみても改善が見られない場合、鈴木トリートメントによって骨盤の矯正を行う事で改善が見られる可能性もありますので、一度ご相談頂けると幸いです。


適応症状

首・方こり 腰痛 頭痛
手足のしびれ めまい 自律神経痛
生理痛 椎間板ヘルニア 四十肩・五十肩
スポーツ障害 O脚・X脚 膝痛

鈴木トリートメントの治療について

鈴木トリートメントは、様々な症状の根底にある“仙腸関節のゆがみ”に主眼をおき、硬くなった仙腸関節の動きを改善し、骨格のバランスを整え、痛みの原因を根本から解消します。

 

DSC_0145

骨格の写真は構造上上半身(緑色)と下半身(オレンジ色)に色分けしたものです。
上半身には内臓、筋肉がありますので、体重のほとんどを下半身は支えています。

しかし、上半身と下半身の接点は、緑と赤の部分が接する左右の仙腸関節のみです。
仙腸関節の構造は、写真の通り、下部に支えとなるものがありません。

 

このような状態の関節構造で、下半身は上半身を支えているのです。
仙腸関節は、不安定な関節なのに上半身を支え、上半身の土台となっています。

DSC_0141

普段の生活の中での体の使い方により、片方にばかり体重をかけてしまい不安定な仙腸関節がズレてしまうのです 。
よって、建物の土台がずれてしまうのです。土台がずれれば上に乗っている建物つまり脊柱もバランスをとるために曲がっていきます。

脊柱が曲がれば骨と骨との間から出ている脊髄神経が圧迫を受け神経の流れが悪くなる。つまり脳からの命令が手や足、各臓器に届かなくなります。脳から出ている自然治癒力も弱くなり体全体の抵抗力も落ちていきます。

 

仙骨が土台といい仙骨が大事という本なども出ていますが、それらは仙骨を1つの骨としてできているテクニックです。
スズキトリートメントは、治療専用のアジャスターを使用し、仙骨を「面」ではなく「点」で治療します。
また、専用アジャスターを使うことで、確実なテクニックで矯正ができることで治療の精度があがり、安心・安全に治療を受けていただけます。


  

整骨院 ホームページ制作