バレーの試合中にスパイクを打った際に負傷(体幹屈筋群損傷)

ケガこそお任せください

白鴎大前接骨院院長の齋藤です

3月はスポーツによるケガ、ぎっくり腰なってしまった方が多くこられました。

本日の患者さんは筑西市在住の高校1年生のバレー選手です

 

CC)左腹部痛

PI)3/30バレーの試合中にスパイクを打った際に負傷。近くの整形外科受診し骨には問題ないとのことで湿布を貼っていたが痛みが軽減しないため来院。

日常生活は問題なかったが、スパイクや滑りこんだ際に身体が伸展したときに強く痛みが出現。

 

症状)自発痛(-)体幹伸展時痛(+)左右側屈時痛(+)左右回旋時痛(+) 

ルドルフテスト-/- MMT腹直筋5/4P+ 腸腰筋5/4 内転筋5/5 中殿筋4/5

圧痛は腹直筋・腸腰筋・筋膜張筋・四頭筋

検査)羽田野式ハイボルト検査

処置)検査で特定した原因筋の治療

検査・治療後は痛みも軽減し引き続き原因筋に対するセルフケアを指導しました。

部活の関係で頻回な通院が難しい患者様には悪くなった原因を理解してもらいセルフケアを頑張って行ってもらうように取り組んでいます。

当院では施術にも力を入れておりますが、プロのトレーナー経験からセルフケアの指導にも力をいれております。

 

 

通院はなかなか難しいけど、身体をよくしたいという希望があるかたは一度ご相談ください。

 

 

 ▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

小山市・栃木市・下野市・結城市でケガをしたら白鷗大前接骨院へ!!

*予約制、ご予約はお電話で!
診療時間:
月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00
火曜日・水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00
木曜日・土曜日:8:00〜12:00
日曜日・祝日:完全予約制