後遺症、むち打ち症

おはようございます。

小山市白鷗大前接骨院です。

後遺症、むち打ち症についてご解説いたします

後遺症、むち打ち症と漠然と分類されていますが、厳密に言えば、何種類かに分類することができます。

頸椎捻挫…自動車の追突事故・スポーツなどで予測不可能な衝撃が身体に与えられることによって起きる症状です。

頸椎とは首の骨のことを言います。

この頸椎部分にダメージが与えられると、筋・筋肉・軟骨が損傷することによって痛みを伴うわけです。

頸椎は身体で最も重要な部分です。

この頸椎の損傷が酷い場合、血管や神経までも重篤なダメージを被り、下手すれば身体が麻痺状態になってしまう恐れがあるくらいなのです。

どちらにせよ、正常な機能に回復するには長期間を要します。

根症状型…頸椎が微妙に変形してしまったり、頸椎の神経の通り道が狭くなる(圧迫)ことによって、鈍痛を伴う症状です。

神経が圧迫される状態は、末端神経(手・指先)にも支障をきたすため、非常に危険な症状とも言えます。

バレ・リュー症状型…バレ・リュー症状型は首・肩・腕などが痛む症状と違い、頭痛を伴う症状です。

けた違いの衝撃が加えられることによって、頭部後部の交感神経がダメージを受けます(交感神経=脊髄を通っている神経、昼の行動をつかさどります)。

そして椎骨動脈の血液低下を発症し、頭痛・めまい・吐き気などを引き起こす症状です(椎骨動脈=首の左右にある動脈で脳に栄養を与える役割を持っています)。

脊髄症状型…頸椎の脊柱管を通る脊髄が損傷することによって、知覚異常を引き起こす症状です(知覚異常=下肢のしびれ)。

そして、非常に稀な場合でもありますが、膀胱直腸障害を引き起こす可能性もあります(膀胱直腸障害=膀胱・直腸の機能が低下し、排尿・排便などに支障が起こる障害)。

脳髄液減少型脳と脊髄覆っている髄液が漏れ様々な症状に悩まされてしまう病状です。

頭痛、首や手足の痛み以外に視力、聴力、味覚障害などが認められます。

加えて、血圧や胃腸障害などの自律神経症状、記憶力低下や不眠、全身の倦怠感などの症状も出ます。

このように、むち打ち症はおおまかに5種類に分類することができます。

もし、むち打ち症になってしまった場合、早急に検査して、それぞれの型に適した治療をしなければいけません。

適正な治療が早期回復に繋がるのです。

 

  ▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

小山市・栃木市・下野市・結城市でむち打ち症なら白鷗大前接骨院へ!!

*予約制、ご予約はお電話で!
診療時間:
月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00
火曜日・水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00
木曜日・土曜日:8:00〜12:00
日曜日・祝日:完全予約制