大好きな野球を長く続けるために

 野球肘についてご解説します。

 

 

野球肘活動の目的

よく『野球肘』という言葉を耳にしたことがあると思います。

しかし、一般的によばれている野球肘には実はいくつかの種類があります。

野球肘活動の最大の目的は野球肘の中でも『野球肘のガン』などともいわれている肘の外側の『離断性骨軟骨炎』を早期に発見し治療につなげることを一番の目的としています。

野球肘の種類(野球肘はあくまでも病態の総称)

内側:最も多いの(内側側副靭帯損傷・内側上顆障害など)

後方:(疲労骨折など)

外側:早期発見が必要(離断性骨軟骨炎など

 

離断性骨軟骨炎とは

100人に1人~3人の割合で発生

肘の骨の一部分がはがれてしまう病気です。

進行すると関節ねずみとなり、剥がれきった骨が関節に挟まったり、関節そのものが変形したりしてしまいます。

特徴

1)発生初期(小学生)は痛みが無いので気づかない!!

2)痛みを感じた時(中学生)には手術せざるを得ない場合も・・・。

 

発生は“小学生” 発症は“中学生”

 

離断性骨軟骨炎は野球だけが原因じゃない・・・!?

実は離断性骨軟骨炎を発生してしまう原因は必ずしも野球のせいだけではありません。

腕をあまり使わないサッカー選手にも発生することもあります。

ただし、野球の投げる動作はこの離断性骨軟骨炎をさらに進行させてしまいます。

そのため、軟骨が治りきらない場合は、手術になってしまうこともあります。

 

ほったらかしにするとどうなるの・・・?

1)骨がはがれて欠損した部分を埋め直す手術が必要

2)骨の変形が進んでしまい、日常生活に支障をきたす。

3)可動域の変化 (肘の曲げ伸ばしの範囲が狭くなり、歯磨きや洗顔ができなくなることも)

 

早期発見・早期治療しか方法はない

野球をしている・していないに関わらず、一定の基準で発生するため、『予防すること』は現時点では不可能とされています。

そのため、検診へ参加することでできるだけ早く見つけて、手術になってしまわないようにすることが必要です。

 

身体の状態を知ろう

下記の10項目中2個以上checkがあてはまった場合、注意が必要です。

まずはセルフcheckから

1)投手経験がある

S__6021122 (4)

2)ひじを痛めたことがある
S__6021122 (5)

3)肩を痛めたことがあるS__6021122 (6)

4)体重が35KGあたり以上S__6021122 (8)

5)練習が週20時間以上S__6021122 (9)

6)ひじが左右同じようにのびないS__6021122 (10)

7)ひじが左右同じように曲がらないS__6021122 (11)

8)片足立ちが3秒間できないS__6021122 (13)

9)お尻と踵の距離が10CM以上S__6021122 (14)

10)股関節がかたい(110度以下)S__6021122 (15)

☑の数が

5個で危険率90%

4個で危険率80%

3個で危険率60%

2個で危険率40%S__6021122 (16)

 

 

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

小山市・栃木市・下野市・結城市でケガをしたら白鷗大前接骨院へ!!

 
*予約制、ご予約はお電話で!
診療時間:
月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00
火曜日・水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00
木曜日・土曜日:8:00〜12:00
日曜日・祝日:完全予約制