交通事故Q&A

Q.交通事故に遭ってしまったら、どうすればいいの?

A.まずは警察に届け出をだしましょう。

http://www.hakuohdaimaebs.com/archives/3084.html

 

Q.接骨院で交通事故の治療をしてもらえるのですか?

A.はい、接骨院でも治療可能です。

 

Q.接骨院でどんなところですか?

A.接骨院・整骨院とは日本古来の伝統医療を受け継いだ、徒手療法を施す治療院です。解剖学・生理学・運動学を学び国家資格である『柔道整復師』免許を持っているスタッフが、捻挫・打撲・肉離れ・スポーツ障害など筋肉・腱・関節に対してアプローチします。

 

Q.治療を受けるための手続きは面倒ですか?

A.特殊な手続きは不要で、すぐに治療を受けることができます。保険会社への連絡は、来意後でも構いません。まずは、白鷗大前接骨院にご相談ください。

 

Q.接骨院 と 整形外科 はどう違うのですか?

A.接骨院では、整形外科 のように 手術や レントゲン検査、投薬ができません。しかし、時間をかけて直接筋肉や靭帯を触診することで、より細やかな状態を把握することができます。白鷗大前接骨院 では医科との連携も重要と考えていますので、レントゲン検査が必要な場合は、整形外科に紹介状を書き、詳しい検査を依頼しています。

 

Q.どういう時に行くところなのですか?

A.骨折・脱臼・捻挫・打撲から『腰が痛い』『首が回らない』「足首を捻った」などの急な痛みや、日常生活の中で感じる不快な痛み、スポーツによるケガ、交通事故によるケガなど、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

 

Q.相手方の、保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか?

A.治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

 

Q.治療内容は?

A.症状に合わせて、柔整マッサージ、超音波治療、電気治療、ハイボルト治療、冷罨法、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から、治療プランを決定し、治療をします。

 

Q.1回の施術で症状はよくなるの?

A.症状によって異なりますので、しっかりとカウンセリング、施術後に今後の施術に関してご説明していきます。

 

Q.交通事故に遭い「むちうち」と言われました。接骨院で治療できますか?

A.はい、治療できます。

 

Q.交通事故の治療費は?

A.交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担はありません(例外有り)。

 

Q.治療期間は?

A.交通事故はケースにより様々で一概には言えませんが、一般に3~6ケ月です。

Q.現在、病院に通院しているのですが・・・

A.交通事故の場合、病院に通院しながら、当院で治療、リハビリを受けることも可能です。

 

 

Q.現在かかている医療機関や接骨院(整骨院)をかえたいのですが?

A.保険会社に、通院したい医療機関名と連絡先を電話で伝えれば、変更かのうです。保険会社は、速やかに手続きをしなくてはなりません。

 

 

Q.事故で入院していたのですが、退院後のリハビリはできますか?

A.はい、できます。部位によっては同時に行えますので、お気軽にご相談ください。

 

Q.事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取扱いはできますか?

A.基本的には取扱いできますが、あまり時間が経過していると事故との関係がハッキリしなくなります。違和感を感じた時点で、早めに受診することをお勧めします。様々なケースがありますので、念のため、保険会社にお問合せください。

 

 

Q.症状が軽くても保険で治療が受けられますか?

A.症状の軽い重いは関係なく、保険で治療を受けられます。

 

Q.毎日通院していいのでしょうか?

A.はい。症状が改善するまで、治療が受けられます。

 

Q.レントゲンでは異常がないと言われたのですが、違和感や痛みがあります。治療できますか?

A.レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の炎症等については確認できませんので、接骨院で診させていただきます。

 

Q.整体やカイロプラクティックとはどこが違うの?

A.整体やカイロプラクティックとは異なり「柔道整復師」という国家資格を持っているのが接骨院です。保険施術が可能かどうかも異なります。

 

 

Q.接骨院の治療の強み、メリットは?

A.病院は、薬や注射を使い、手術を行うことで痛みのある部分のみを集中的に治療できるので、即効性があります。それに対して、接骨院の治療は、薬や注射を使うことができません。柔整マッサージや温熱・冷却・低周波などを用いて、自然治癒力を高める点が特徴です。