膝の痛み

 

 

膝

膝の痛みをについてご解説します。

膝の痛みで有名なのは、変形性膝関節症ではないでしょうか?

膝は、体重を支える意味で重要な役割を果たします。

でも、変形になるには必ず原因が有るはずです。それを解明していきましょう。

膝を支える意味で重要な役割を果すのは、大腿四頭筋という筋肉です。中でも内側広筋という筋肉が重要です。

膝
この筋肉が衰えると次第にO脚になり膝の内側に骨と骨がぶつかり合い炎症を持ちます。
その時に痛みが伴います。

そのうちほっておくと痛みは治まりますが今度は、人間の防衛反応で膝を動かさ内容に変形が始まります。

→そして変形性膝関節症が完成してしまいます。

変形が完成してしまうと手術しか方法がありません。

手術まで行かないようにするには、どうしたら良いか?

それは、上記にも書きましたが筋力のUPと柔軟性に尽きます。

この2つが落ちると完成してしまうのでそうなる前に予防策が必要です。

それには、正確な筋肉量・柔軟性の把握が必要です。

 
当院は、超音波を用意していますのでしっかりと根拠のある説明をさせて頂いております。
 

また柔軟性は、骨盤矯正によりストレッチ中心の手技を行いどこが弱点なのかをお教えさせて頂いてます。

ただ単に太ももをマッサージしていたのでは、絶対によくなりません。

その場合、小山市・栃木市の白鷗大前接骨院にご相談下さい。

小山市・栃木市・下野市・結城市の

白鷗大前接骨院
栃木県小山市大行寺1029‐1