肘の痛み

肘1拡大表示

肘の痛みについてご解説します。

肘の痛みは、大きく外側・内側に分かれます。

まずは、一番多い外側についてです。

肘の外側が痛いので有名な疾患は、テニス肘・ゴルフ肘が多いです。

疾患名:外側上顆炎というものです。

この疾患は、主に使い過ぎによるものが多いです。

肘の外側上顆と言う所から指先まで付いている筋肉の障害です。

肘
上記の筋肉を使い過ぎると外側上顆という骨が筋肉に寄って引っ張られて発症します。

試しに肘を伸ばして中指を強く伸ばして下さい。

これで痛みが出るようであれば、もうすでに発症してます。小山市・栃木市近郊の方は白鷗大前接骨院にご相談下さい。

次に内側についてです。

肘の内側で一番有名なのは、野球肘・ゴルフ肘です。

肘1
この疾患は、内側上顆炎及びベースボールエルボーなんて言います。

内側上顆炎も野球肘も使い過ぎによるものが多いです。

しかし野球肘は、注意が必要です。

こうなってしまうと投球を一時止めなければなりません。自覚症状が全然無い方もいらっしゃいます。

こうなる前にしっかりと鑑別することが大切です。肘が痛いからと肘の内部を何も診ないでお子さんの身体を触るのは、危険です。

当院(小山市・栃木市)では、エコー検査を必須としてますので安心して下さい。

小山市・栃木市・下野市・結城市の
白鷗大前接骨院
栃木県小山市大行寺1029‐1