備えあれば憂いなし(骨折こそお任せください)

 

おはようございます

白鷗大前接骨院院長の齋藤です(^ ^) 

 

昨日は思川駅前でみた笑幸まつりが開催され、当院も姿勢分析ブースをださせていただきました。

 

小山市17万人が健康に過ごせるように発信できればと考えております!

日本一骨折が少ない街にできたらと思います。

 

今日は骨折についてです。

高齢者の4大骨折と言われるのが、

①手首

②背骨

③大腿骨

④上腕骨

 

です。

 

この中で③の大腿骨骨折はほとんどが、手術となります。

また大腿骨骨折を起した40パーセントの方は1年以内に要介護や自立歩行が困難となる事が多いです。

そうならないためにも筋力強化が大切です!!

皆さんも転倒予防の為にスクワット、足振り運動から始めてみてください!

 

また疫学的に転倒する場所は屋外30%に対して屋内70%と屋内の方が多くなっております。

 

今回をきっかけに自宅の動線を今一度振り返ってみるとよいかもしれませんね。

整形外科勤務時代に骨折で来院された方の負傷原因はちょっとした段差、ちょっとそこに置いてある新聞が、少しめくれたカーペットが骨折に繋がっている事も少なくありませんでした。

 

今日は骨折になりうるリスクを簡易に計測できるサイトをご紹介いたします!

 

『frax骨折リスク評価スケール』

 

https://www.sheffield.ac.uk/FRAX/tool.aspx?country=3

 

スマホで簡単に検索出来ますのでやってみてください。

 

 

 

現状をしり、いまから対策をしておきましょう

整骨院 ホームページ制作