ドゥケルバン(ドケルバン)病から早期回復を望むなら白鷗大前接骨院へ

本日は ドゥケルバン病(ドケルバン病)についてです

ドゥケルバン病(ドケルバン病)とは長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が手関節橈側(親指側)で腱鞘(腱の通り道)が肥厚して狭くなった病態のことを言います。

①短母指伸筋腱(この腱の腱鞘の狭窄が症状の主原因と言われています)
②長母指外転筋腱
③腱鞘(短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が通ります)
ドゥケルバン病(ドケルバン病)はばね指と同様に狭窄性腱鞘炎(腱を包んでいる腱鞘が肥厚することによる疾患)に属します。

症状
手関節橈側(親指側)の痛みが出現します。
妊娠、出産期の女性や更年期の女性に多いです。スポーツ選手や仕事で指をよく使う人に多いです。

診断

Finkelstein’s test
母指を内側に入れて握りこぶしを作り手関節を尺屈(小指側に曲げること)すると痛みが生じます

治療
LIPUS処置

ハイボルト
ストレッチ
筋肉調整
症状によってシーネ固定
 

 ▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

白鷗大前接骨院

0285-38-6886

診療時間:

月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00

火曜日、水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00

木曜日・土曜日:8:00〜12:00

日曜日・祝日:完全予約制

 

 

<白鷗大前接骨院の公式ブログ>

FB

https://www.facebook.com/hakuohdaimaebs/

ブログ

http://www.hakuohdaimaebs.com/archives/category/blog

口コミサイトエキテン

http://www.ekiten.jp/shop_6979060/

Twitter

https://twitter.com/hakuodaimaeds