【内反小趾】のことなら! 小山市大行寺 白鷗大前接骨院

【外反母趾、内反小趾】のことなら! 小山市大行寺 白鷗大前接骨院

 

 

当院には、小山市(城南、犬塚、喜沢、羽川、粟宮、神鳥谷、土塔、城東、城北、間々田、乙女、美しが丘)栃木市(大平、藤岡、岩舟、静和)・下野市・足利市・佐野市・野木町・真岡市

 

県外からは結城市、古河市、筑西市、久喜市、

 

 

などからも患者様が沢山、治療に来られています。

 

 

相談も治療も男性スタッフだけでなく国家資格を取得した女性スタッフが対応できます。

 

女性の方も安心してご相談・治療が出来ます。

 

こんにちは!

白鴎大前接骨院の星野です。

今日は内反小趾についてです。

 

皆さんは、内反小趾というものを ご存知でしょうか?

外反母趾はよく耳にしたことがある方も多いと思います。

変形が見られても痛みがない場合もあります。

 

病態

内反小趾は第五中足骨骨頭が大きいことや第4、5中足骨間角が開大している場合などの状態で、サッカーのスパイクや女性のヒール等のつま先部分が細くなっている窮屈な靴で圧迫等のストレスが加わることにより発生します。

 

 

 

治療法としては足底板やテーピング等でアーチの低下や足の骨格の崩れを矯正してあげることが大切です。

白鴎大前接骨院ではテーピングやアーチの低下を矯正するトレーニングをお教えすることができるので是非ご相談ください!