【腰椎分離症】のことなら! 小山市大行寺 白鷗大前接骨院

【腰椎分離症】のことなら! 小山市大行寺 白鷗大前接骨院

 

 

当院には、小山市(城南、犬塚、喜沢、羽川、粟宮、神鳥谷、土塔、城東、城北、間々田、乙女、美しが丘)栃木市(大平、藤岡、岩舟、静和)・下野市・足利市・佐野市・野木町・真岡市

 

県外からは結城市、古河市、筑西市、久喜市

 

 

などからも患者様が沢山、治療に来られています。

 

 

相談も治療も男性スタッフだけでなく国家資格を取得した女性スタッフが対応できます。

 

女性の方も安心してご相談・治療が出来ます。

 

 

こんにちは!

 

白鷗大前接骨院の齋藤です。

 

今日は腰椎分離症についてです。

 

先週松戸整形外科にて行われた講習会に参加してきました。

 

IMG_4620

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリなどを沢山学んできたのでご紹介します。

 

 

 

 

まず、成長期に腰痛のひとつに腰椎分離症があります。

 

腰椎分離症とは疲労骨折の一つで小学校高学年から高校生くらいの発育期に多く発症します。

 

IMG_4624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰椎分離症の臨床的な症状として

1.比較的ピンポイントに痛む腰痛

2.伸展(腰をそらす)時に痛む

3.回旋(腰をひねる)時に痛む

 

があげられます。

 

 

初期ではおじぎをした時も痛むことが多いが、多くは身体をそらした方が痛いのが特徴です。

 

 

検査としては

 

 

まずCT検査にて病期の判断がおこなわれます。

 

IMG_4621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初期

関節突起が不規則なヘアラインあるいは透亮像を呈する

 

進行期

亀裂が明確化する

 

終末期

偽関節用の骨硬化像を呈する

 

 

 

そしてMRIにて予後の予測(治療方針を決めます)

 

 

 

 

IMG_4622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分離初期と進行期の場合は骨癒合を目指して治療を行います。

 

 

 

 

IMG_4624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レントゲン「スコッチテリアの首輪」(鮮明な分離)を認めたり、MRIで輝度変化を認めない場合は、

 

骨癒合が望めない可能性あが高いため、除痛などの対処療法が中心となります。

 

 

 

 

 

 

 

上記のことを踏まえて早期に発見するということが非常に重要となります。

 

 

 

治療

 

骨癒合が望める場合(初期〜進行期)

 

まずは約3ヶ月間のポリプロ体幹装具装着(伸展と回旋を制限 骨盤後傾位)

 

IMG_4625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では超音波骨折治療法 LIPUS(低出力超音波パルス(Low Intensity Pulsed Ultrasound)を使って骨癒合を促進させる治療を行います。

 

 

IMG_4630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*足の骨折の患者さんにLIPUSをあてている様子!!

 

 

 

またHi-Voltage治療  [高電圧電気刺激療法]で強い痛みを取り除いていきます

 

 

 

終わりに

腰椎分離症は腰の疲労骨折であるが、その病期により予後が把握でき、それによってスポーツ復帰までの期間や治療方針が変わってくるため、まずしっかりと病期分類をすることが大切です。

 

当院も提携先の病院にご紹介が可能ですので、症状が一致する方は是非ご相談ください。

 

 

小山 交通事故治療 むち打ち 腰痛 膝痛 身体の歪み スポーツ障害 スポーツ外傷 怪我 ケガ けが 骨折 捻挫 脱臼 打撲 肉離れ のことなら 白鷗大前接骨院

 

 

整骨院 ホームページ制作