変形性膝関節症

こんにちは。

白鷗大前接骨院の星野です。

今日は変形性膝関節症についてです。

変形性膝関節症とは??

症状

座った姿勢から立ち上がるときや、階段の上がり下がりをする際に、膝関節に痛みが起こります。我慢して動き出すと一時的に楽になりますが、すぐに痛みはぶり返します。

放置すると膝に水がたまり(関節水腫)、膝の曲げ伸ばしが不自由になり、正座や起立動作、歩行も困難になります。

さらに進行すると、膝が完全に伸びなくなり、O脚の程度も大きくなります。

 

原因

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。

加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

 

診断

問診や診察、時に触診で膝内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、X線(レントゲン)検査で診断します。必要によりMRI検査などをします。

予防と体操

予防(日常生活での注意点)

  • ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える。
  • 正座をさける。
  • 肥満であれば減量する。
  • 膝をクーラーなどで冷やさず、温めて血行を良くする。
  • 洋式トイレを使用する

以上のことなどが挙げられます。

体操

足の関節を滑らかにするストレッチ 

脚をひざが痛くない程度に前に伸ばして座ります。

足首を体から遠くに離すように伸ばして、5秒間止めます。

次に、足首を体に近づけるように曲げて、5秒間止めます。

②、③の動作を20回繰り返します。

出典http://ehiza.jp/exercise/img/p01_pict01.gif

簡単な体操ですので、まずはこの体操から 始めてみましょう!!

 

 

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

白鷗大前接骨院

0285-38-6886

診療時間:

月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00

火曜日、水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00

土曜日、日曜日:8:00〜12:00

祝日:完全予約制

休診日木曜日

 

<白鷗大前接骨院の公式ブログ>

FB

https://www.facebook.com/hakuohdaimaebs/

ブログ

http://www.hakuohdaimaebs.com/archives/category/blog

口コミサイトエキテン

http://www.ekiten.jp/shop_6979060/

Twitter

https://twitter.com/hakuodaimaeds