靴と足

こんにちは!

白鴎大前接骨院です。

今日は何の日か皆さんご存知でしょうか??

今日9月2日は宝くじの日または、靴の日です。

宝くじの日とは?

「宝くじの日」は、時効当せん金ゼロをめざして、昭和42年に発売元と受託銀行が、“くじ”(9.2)の語呂合わせによって決めたものです。

以来、毎年各種の記念行事を実施してきました。なかでも昭和58年から平成22年にかけて放映された宝くじの日テレビ特別番組では、「宝くじの日お楽しみ抽せん」(宝くじ敗者復活戦)の実況中継を中心に、宝くじに関するエピソードや情報などをお伝えし、バラエティー形式でにぎやかに番組を盛り上げ、全国の宝くじファンに当せん金の時効防止を呼びかけてきました。

こうした努力の結果、「宝くじの日」は宝くじファンのみならず広く一般にも定着してきています。

靴の日とは??

銀座の婦人靴専門店「ダイアナ」が1992年に制定。

「く(9)つ(2)」の語呂合せ。

 

靴といえば最近の靴は衝撃を吸収する機能が高められており、それによって足の本来の機能が低下してきていると言われています。

 

靴と足の関係を知る前に、「足の働き」にはそもそも何があるのかを確認する必要があります。

 

足には骨が左右それぞれ約26個あり、全身で約206個なので、比率で考えれば骨が多い部位といえます。骨が多いということは関節が多いわけですから、よく動くということです。そのため、足は凸凹な地面にも対応できる柔らかさが特徴となっています。

 

しかし、柔らかいだけですと地面を蹴ることができません。ですから、力を伝えるために硬くなることもできます。これが足裏のアーチ(土踏まず)です。アーチが上がっている状態は骨同士が近づいて圧迫されており、関節の遊びがない状態となるため硬くなるのです。このように、足は柔らかくなったり硬くなったりと、臨機応変に対応することができます

 

アーチが存在する動物はヒトのみです。また、足の親指が他の指と並んで位置しているのも、類人猿から見るとヒトの進化の結果です。親指だけあからさまに大きく、かつ親指の筋肉は、体の中で筋線維が一番太いといわれています。それだけ重要だということです。

 

足と靴の不都合な事実

さて、このように足の特徴を見てくると、靴の利点と欠点との天秤が必要だとわかります。つまり靴は役にも立つけど、足の機能の邪魔もしかねないということです。

例えば、クッション性の高い靴の方がそうでない靴よりも怪我が多い、裸足はランニングシューズよりも障害が少ない、さらには小学校で靴をやめて裸足にするとすべての子どもの扁平足が改善した、などの報告も見られます。

 

足の機能を低下させない靴選びの方法とは

 

ひとことに足といっても、それぞれに個性があります

足がかたい方の特徴は、足の関節の遊びが小さく、体重を掛けても足のアーチが下がらないことです。このような方は裸足がベストで、シャンク(靴底と足裏の間に入っている芯)やカウンター(靴の踵に入っている芯)などの余計な機能付与はいらないでしょう。裸足にできるだけ近い靴がいいと思います。ただ、足が硬い分地面からの衝撃をもろに受けますので、ヒールクッションはあったほうがいいかもしれません。

 

足がやわらかい方の特徴は、足の関節の遊びが大きく、体重を掛けると簡単に足のアーチが下がることです。ある程度紐でしっかりと足を収めることができるものが必要です。シャンクやカウンターも必要かもしれません。スリッポンやムートンのブーツなどは適しません。ベアフットシューズもサポートがないので向かないでしょう。

 

足のアーチが低下している方は、靴紐での安定と併用して、インソールなどでアーチを直接サポートするといいでしょう。インソールは長期間使うものではなく、足のアーチを構成する筋肉が鍛えられると必要なくなることがほとんどです。中学生でもインソールを3ヶ月間用いることで、継続的なアーチ形成が可能という報告が出ています。

足のアーチ等でご質問などがあれば是非ご質問ください!

 

 

さて、今週は台風10号が上陸し、東北地方や北海道に甚大な被害を残していきましたね。

栃木県はそこまで被害は大きくなく、去年の水害の時のようにならずホッとされた方も多いと思います。

備えあれば憂いなしということで、皆さんもいつ災害が発生しても対応できるように非常時の備えをしておきましょう!!

 

□■骨盤矯正のお知らせ□■

白鷗大前接骨院では以前よりお問い合わせを多数いただいていました骨盤矯正(スズキトリートメント療法)を7月から実施しております。

スズキトリートメント療法とは様々な症状の根底にある“仙腸関節のゆがみ”に主眼をおき硬くなった仙腸関節の動きを改善し、骨格のバランスを整え、痛みの原因を根本から解消していく治療法です。

 

こちらは完全予約制にて行っていますのでご希望の方はお問い合わせください。

内容が気になる方は当院㏋や治療の際にスタッフにお尋ねください。

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

白鷗大前接骨院

0285-38-6886

診療時間:

月曜日、金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00

火曜日、水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00

土曜日、日曜日:8:00〜12:00

祝日:完全予約制

休診日木曜日

 

<白鷗大前接骨院の公式ブログ>

FB

https://www.facebook.com/hakuohdaimaebs/

ブログ

http://www.hakuohdaimaebs.com/archives/category/blog

口コミサイトエキテン

http://www.ekiten.jp/shop_6979060/

Twitter

https://twitter.com/hakuodaimaeds

整骨院 ホームページ制作