【肘の痛み】

こんばんわ

小山市大行寺にある『白鷗大前接骨院』です

本日は肘の痛みについてです。

 

このような症状でお悩みの方は要チェックです!!

 

*肘が痛くてジャムのふたがあけられない

*肘が痛くてぞうきんが絞れない

*肘が痛くてキーボードやマウスの操作ができない

*テニスでボールを打つと肘が痛い

*ドアのノブを回すと肘が痛い

*コーヒカップを持つと肘が痛い

*ビールのジョッキが持てない

 

 

1つでもあてはまる項目があった方はぜひ白鷗大前接骨院にご相談下さい!

 

あなたのその痛みもしかしたら上腕骨内・外側上顆炎かもしれません!

 

 

【難治性上腕骨外側上顆炎とは】

上腕骨外側上顆炎とは、短橈側手根伸筋の腱付着部症とするのが一般的だが、診断において、外側側副靭帯、輪状靭帯の障害、滑膜炎、滑膜ひだの存在で、外側上顆炎症状を呈するものがあり、鑑別に難渋することがある。

〈テスト〉

hiji 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・Thomsen test(トムセンテスト)

・Middle hinger extension test(中指伸展テスト)

・Fringe impingement test(フリンジ インピンジメントテスト)

〈鑑別〉

外側上顆の圧痛(押した痛み)、トムセンテスト陽性、中指伸展テスト陽性、外側上顆部の局麻テストで疼痛が消失する場合は関節外病変である短橈側手根伸筋付着部症。
腕橈関節部に圧痛、フリンジ インピンジメントテスト陽性、腕橈関節に局麻テストで疼痛が消失する場合は関節内病変、滑膜ひだ障害。
関節内病変、関節外病変が同時に存在する場合は難治性の外側上顆炎。

〈治療〉

外側上顆炎は約90%は1年以内の保存療法で治癒。約10%は手術を必要とする。保存療法のうまくいかない原因が滑膜ひだのインピンジだと考えられている。保存療法として、理学療法、ステロイド注射が奏功するのが一般的。手術としては、関節鏡視下手術にて、短橈側手根伸筋起始部への処置の他、関節内病変への処置として、滑膜ひだ切除、輪状靭帯部分切除が行われる。

 

当院では上記治療の中のリハビリ(電気治療・マッサージ等)を専門的に行う事が可能です。

 

ホームページです( ^ω^ )ご覧下さい。
→http://www.hakuohdaimaebs.com

『白鷗大前接骨院』
住所:栃木県小山市大行寺1029−1
電話:0285ー38−6886
【営業時間】
月曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00
火曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00
水曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00
木曜日:休診
金曜日:8:00〜12:00 14:00〜18:00 夜間19:00〜21:00
土曜日・日曜日:7:00〜11:00
祝日:完全予約制

小山市 栃木市 真岡市 下野市 佐野市 筑西市 古河市 結城市 福島県 埼玉県 東京都 からもお越しです。

整骨院 ホームページ制作